浅草のおかあさん

新百合ヶ丘にある意外な「浅草」

2021年5月に新百合ヶ丘に「浅草 縁 からあげ」というテイクアウト店が、小田急アコルデ新百合ヶ丘1Fにオープンした。

「浅草」という文字に、誰もが目をとめた。

新百合ヶ丘は住宅の街であり、日本を代表する商業地である浅草との取り合わせが意外だったからである。

これが銀座とか赤坂だったならば、違和感を感じなかったと思う。

「浅草」という名は、それだけインパクトがあるのだ。

だが、この意外な取り合わせは成功したと思う。

「浅草の味って、どうなのだろう?」と、みんな思ったからだ。

そして、私もやみつきになった。

実際、いままで食べたからあげとどこが違うのだ。

揚げ方だろうか? タレだろうか?

 

特製からあげ弁当


特製そぼろ弁当 
もおいしい

 

なお、店名にある「縁」は「ゆかり」と読むらしい。

なぜ「浅草」かといえば、本店が浅草にあるからである。

本店の名称は「からあげ縁 浅草総本店」と、最後に浅草が来ている。

だが、なぜ新百合ヶ丘に店を出したかについては、謎なのだ。

考えてみれば、「浅草―からあげ」という組み合わせも謎だ。

もし、「カラッとした性格」から来ているなら、浅草生まれの浅草育ちの私にとって、嬉しい限りである。

 

 

昭和の時代から平成にかけて「浅草のおかあさん」と呼ばれた女性がいた。
浅草のおかあさん

本の目次

スマホで読む方法

新百合ヶ丘にある意外な「浅草」
トップへ戻る