浅草のおかあさん

松屋デパート浅草の威容

浅草っ子が見落としてしまう偉大な建物がある。

松屋デパート浅草店の威容だ。
長さがなんと150メートル近くあるのだ。

なぜ見落としてしまうかといえば、理由は二つある。
一つはあまりにも見慣れているから、建物の威容に気づかないことがある。
もう一つは、たいてい馬道どおり沿いに見ているからである。
ところが、江戸通り側から見ると、建物の本質が現れる。

 

江戸通り側から見た松屋デパート

松屋浅草 江戸通り側から見る①

 

松屋浅草 江戸通り側から見る②

 

松屋デパート浅草店の竣工当時(竣工昭和6年)の写真は絵葉書で残っている。
松屋浅草facebookに掲載されている)

 

竣工当時は隅田川沿いに高い建物がなかったため、松屋デパートの威容がハッキリと見て取れる。
まさに巨大建造物である。

建物が横に長いのは、建物の2階に東武浅草駅のホームを置いたことと深く関わっていると思う。

 

松屋デパート浅草は、昔も今も、浅草が誇る大建造物なのである。

 

絵葉書「浅草松屋」

絵葉書 浅草松屋 松屋浅草facebookより

 

絵葉書 浅草雷門駅

絵葉書 浅草雷門駅 松屋浅草facebookより

 

※松屋デパート浅草店は、現在は松屋浅草です。

 

昭和の時代~平成にかけて「浅草のおかあさん」と呼ばれた女性がいた。
浅草のおかあさん

本の目次

スマホで読む方法

松屋デパート浅草の威容
トップへ戻る