UA-126529239-2

浅草ケーキ物語

浅草のケーキは、「ナガシマ」「アンヂェラス」「ミカワヤ」と共にあった。

三店とも、残念ながらいまはない。

これらの店のケーキを食べると幸せを感じた。

それは生活のなかにある幸せだった。

いまにして思えば、バタークリームケーキのなかに戦後昭和のにおいがあったような気がする。

 

1980年代まで、バタークリームケーキが主流だった。

バタークリームケーキはまさに昭和の時代と一緒にあったのだ。

・冒頭の画像は、なつかしい「アンヂェラス」のバタークリームケーキ

 

「ナガシマ」「アンヂェラス」「ミカワヤ」については、『浅草のおかあさん』のなかに記述がある。

その記述を紹介しておきたい。

(抜粋)

もらってうれしいものの一つに、「ミカワヤ」のケーキがあった。あったということは、いまは残念ながらない。

「ミカワヤ」は、オレンジ通りの「アンヂェラス」の並びと、雷門仲通り沿いにあった。二店あったということになる。

浅草でケーキといえば、やはり「アンヂェラス」が有名である。「アンヂェラス」はあの川端康成先生、池波正太郎先生が通った店として知られている。

「ナガシマ」も浅草の人には、おなじみの店だった。「ナガシマ」は雷門通りに面していて、バターケーキ全盛期の浅草の洋菓子店の花形だった。私の家も親せきや友人などが訪ねてくると、「ナガシマ」に行った。いまでも店のシンボルマークのダックスフンドを思い出す。

いつだったかは定かではないが、浅草で「ミカワヤ」のケーキが広まった。

私にとっても、浅草の人にとっても「ミカワヤ」は夢の店だった。

 

「浅草のおかあさん」が日傘をさし、白いワンピースを着て、「ミカワヤ」のケーキを持って歩く姿を、二階の窓からよく見た。

浅草のおかあさんは、「気をつかってもらったから」「世話になったから」と言っては、「ミカワヤ」でケーキを買ってお返しをしていた。

 

「ナガシマ」「アンヂェラス」「ミカワヤ」のケーキは、浅草のおかあさんたちがお世話になった人などに持っていくケーキでもあったのだ。

 

 

昭和の時代から平成にかけて「浅草のおかあさん」と呼ばれた女性がいた。
浅草のおかあさん

本の目次

スマホで読む方法

浅草ケーキ物語
トップへ戻る