浅草のおかあさん

第3話 浅草の学習院「浅草寺幼稚園」

浅草っ子が大人になって、おかあさんを思い浮かべるとき、真っ先によぎる光景は浅草寺幼稚園である。
うららかな春の日に、おかあさんに手を引かれて行った入園式のことを思い出すからである。
浅草っ子にとっては、この光景がおかあさんの最初の記憶の舞台になっている。
この記憶を起点にして、遊戯会で自分の歌や劇を父兄席から見守ってくれたおかあさん、卒園式にも付き添ってもらったおかあさんというようにつながっていく。

 

浅草には名門と呼ばれる店が多くある。天ぷらの「三定」や蕎麦の「尾張屋」などの名がぱっと浮かぶ。
しかし、この浅草寺幼稚園も浅草では名門中の名門であり、浅草っ子の自慢でもある。その名が示すとおり、浅草寺経営の幼稚園であり、「雷門」から仲見世を歩いて浅草寺に向かう途中、宝蔵門のちょっと手前にある。

 

浅草寺幼稚園を卒園すると、幼稚園の敷地に続く伝法院で謝恩会のようなものが開かれた。この伝法院が茶人小堀遠州の作と伝えられていることを知ったのはずっとあとからである。
私のアルバムに貼られたそのときの写真を見ると、そこには浅草小学校や田原小学校、富士小学校などに進んだよそ行きの服を着た子供も多く写っているが、私立の小学校や国立大学の附属小学校の制服を着た子供も多く写っている。
学習院の紺の蛇腹の制服を着た子供もいるし、暁星のフランス海軍風の黒い詰襟を着た子供も写っている。教育大学附属小学校(現在の筑波大学附属小学校)の制服を着ている女の子もいる。担任だった先生はそんな生徒たちの肩に、後ろからそっと手を乗せている。どこか誇らしげである。

 

これが昭和三十六年ごろの写真だから驚きである。しかも浅草には兄弟そろって学習院、暁星といった商店も多い。強いて言えば、慶應の幼稚舎の制服を着た子供を私はまだ見たことがない。

 

これが、浅草寺幼稚園が「浅草の学習院」といわれる所以(ゆえん)である。
本当の学習院がこの話を聞いたら、顔を真っ赤にして怒りそうだが、前に述べた「早稲田=苦学生=偉い」といった論理と同じで、「いい家の子も多い=学習院」となったのだと思う。

 

私にはこれといって誇れるものはないが、浅草寺幼稚園に通ったことが数少ない自慢の一つになっている。
私は、「はと」「つばめ」「すみれ」といった浅草寺幼稚園の三年保育のエリートコース(?)を歩んだ。卒園してからン十年も経つのに、すらすらと当時のクラスの名前が出てくるところを見ても、自分ながら浅草寺幼稚園をいかに愛しているかわかる。

 

浅草寺幼稚園の先生はみなやさしかった。私は一度、園内で不注意から手を骨折したことがある。すぐに浅草寺病院で手当てしてもらったが、その日の夕方、家の玄関先に「ごめんください」という声が聞こえた。なんと、浅草寺幼稚園の先生たちがずらりと並んでいる。私のためにお見舞いの絵本まで買ってきてくれた。私はうれしくて、うれしくて飛び跳ねた。

 

この話を聞いて、いまの時代にあっては、「園内で事故が起きたのだから当然」と言う人もいるかと思う。また賠償云々ということもあるかもしれない。しかし、当時はそんなことを考えすらしなかったこともあるが、それ以上に、おかあさんたちや子供たちは、浅草寺幼稚園の先生たちによくしてもらっている、やさしくしてもらっているという思いが根底にあった。だから、そんな先生たちに訪問いただくことに、親は恐縮し、子供はうれしくなった。

 

そのときお見舞いに来てくれた先生たちの顔をいまでも忘れないでいる。その後に、「すみれ」組の担任となられた先生の顔はいまでも浮かぶ。浅草寺幼稚園の先生たちにあれほどやさしくしてもらったのに、自分は少しでも社会に恩返しできたのだろうかと考えるときもある。

 

『浅草のおかあさん』本の目次

 

浅草寺幼稚園は伝法院横にある。(門の中が「浅草寺幼稚園」)

1961年(昭和36年)卒園生に贈られたアルバムに貼られていた浅草寺幼稚園

浅草寺幼稚園の先生方が、クラスごとに思い出の写真を貼って卒園生に渡してくれた。
浅草寺幼稚園の先生方のやさしさが伝わってきそうだ。

アルバムと一緒に配られた昭和35年度の「保育報告」には、
学習院初等科、立教小学校、暁星小学校、川村学園小学校、森村学園小学校、東京女学館附属小学校、日出学園小学校、教育大学附属小学校、学芸大学附属小学校に進学した児童がいたことが報告されている。
当時、慶應義塾幼稚舎と並び最難関と言われた教育大学附属小学校に4名も進学していたことは驚きである。

 

 

◆「浅草のおかあさん」と呼ばれた女性の物語

浅草のおかあさん

試し読みできます

kindle版も発行されています
スマホで読む方法

第3話 浅草の学習院「浅草寺幼稚園」
トップへ戻る