UA-126529239-2

浅草のおかあさん

第3話 浅草の学習院「浅草寺幼稚園」

浅草っ子が大人になって、おかあさんを思い浮かべるとき、真っ先によぎる光景は浅草寺幼稚園である。 うららかな春の日に、おかあさんに手を引かれて行った入園式のことを思い出すからである。 浅草っ子にとっては、この光景がおかあさ […]

第4話 先生を自慢しあうおかあさんたち

浅草にいるおかあさんたちをつくづく誇りに思うときがある。 おかあさんたちが、子供の先生を自慢しあうのを、聞くときだ。 浅草のことだから、先生のことをサルだとか、カバに似ているなんてことは言う。だが、先生のことをけっして悪 […]

第5話 「被官稲荷」

「被官稲荷」は幕末の町火消であり、侠客でもあった新門辰五郎が女房の病気が治るようにと山城(京都府)の伏見稲荷に祈願して、全快したお礼に建てた稲荷である。 「被官」は文字通り官を被るという意味である。その名から就職、出世に […]

第6話 「音のヨーロー堂」

ヨーロー堂は、「雷門」の大提灯と同じ並びの雷門通り沿いにある。「雷門」の左横手にある「常盤堂雷おこし本舗本店」から数えて六軒目、一つ目の路地にぶつかる角にある。「ちんや」の並びであり、「雷門」の目と鼻の先である。 1階が […]

第7話 おかあさんと六区で映画

浅草っ子の音楽との付き合いの始まりがヨーロー堂ならば、映画との付き合いの始まりは、間違いなく六区だった。 音楽との付き合いを、おかあさんたちが取りなしてくれたが、映画との付き合いの場面にも、おかあさんたちがいた。 いまの […]

第8話 「ミカワヤ」のケーキ

もらってうれしいものの一つに、「ミカワヤ」のケーキがあった。あったということは、いまは残念ながらない。 「ミカワヤ」は、オレンジ通りの「アンヂェラス」の並びと、雷門仲通り沿いにあった。二店あったということになる。 いつだ […]

第9話 なごりを惜しむ「正華」の餃子

「正華」は「ヨーロー堂」と同じ並びの雷門通り沿いにあった。浅草の人たちは、みんな「正華」と言っていたが、一階の売店の横の壁には「正華飯店」という金文字が光っていた。 「正華」の焼き餃子に特徴があった。「正華」の餃子は肉詰 […]

第10話 浅草の女になる三社祭

浅草の夏は三社祭で始まる。人々の頭の上で揺れる神輿(みこし)。男たちの「セイヤッ、セイヤッ」の掛け声。あまりにも有名な光景である。 だが、浅草っ子は、別な思いもこみあげてくる。 三社祭になると、おかあさんの顔つきがまるで […]

トップへ戻る