浅草のおかあさん

浅草のおかあさんたちの「自分納め」

今年も年のおわりに、「松喜」に浅草のおかあさんたちの行列ができた。

今年は、娘さんの姿も見られた。

代送りといったものなのだろう。

浅草のおかあさんたちは、「仕事納め」ならぬ「自分納め」をしているのだと思う。

「松喜」の肉を求めて並ぶことで、この年の自分に「けじめ」をつけているのだ。

 

 

 

浅草のおかあさんたちが松喜の行列に並ぶ姿は、小説『浅草のおかあさん』に出て来る。

そこには、こう書かれている。

「浅草のおかあさん」も毎年、大晦日に、「松喜」の肉を買う列に加わった一人である。

普段の買い物はお手伝いのカッチャンに任せていたが、この日ばかりは自分にけじめをつけるために並んだ。

 

そう、「浅草のおかあさん」もこの1年に「けじめ」をつけるために、「松喜」の列に並んだのだ。

 

 

 

 

昭和の時代から平成にかけて「浅草のおかあさん」と呼ばれた女性がいた。
浅草のおかあさん

本の目次

スマホで読む方法

浅草のおかあさんたちの「自分納め」
トップへ戻る