浅草のおかあさん

荷風小説七
トップへ戻る